FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ずっとオレのターン!

  • 2007/04/13(金) 20:16:24

が大航海で本当にできるなんて・・・。

サアゆくぜッ!まず1枚目!ドロー!モンスターカード!



…といった某遊戯王のようなネタ的なものじゃなくて
海事向けの「ずっとオレのターン!」を紹介。



海事でこれができるって相当やばくね?と感じるかもしれませんが、
砲術上げくらいの時しか使い道がありません(ノ∀`)

幽霊船クエや回避上げクエ(海賊討伐の布石)などで
敵船が重なっていて自船から届かない位置にいるのに
NPCはこっちに平然と撃ってくる、というのはよくありますが
今回はそれの逆。倒れたNPCを利用する方法です。



長くなってしまったので続きからどうぞ!

★基本編

まずは直線型。
この場合NPC3隻が攻撃できない位置にいるので
実質1v1になり、消耗が少なくなるのでスキル上げにおいては
一番よいとされる形。

20070410_01.jpg

これだと大砲壊れるまで1周半くらい
大砲が長持ちします。



★応用編★

20070410_02.jpg

これが今回の「ずっとオレのターン!」の形。

相手の攻撃をすべて受け付けず、自船からの攻撃のみ通る
というタイトルそのまんまの形デス。

1隻あたりでほとんど消耗しなくなって大砲の寿命が割と延びます。
4隻の場合だと、基本編で耐久が90/90→30~50/90くらいに対して
ずっとオレのターン!でやると→50~70/90まで持つように!

・・・どうしようあんまり大差ない(ノ∀`)

まあそれはいいとしてその解説をちょこっと。

これが成り立つための条件はと言うと、

1.ターゲットへの当たり判定の条件
まず相手船への砲弾の当たり判定ですが、
自船からみて、敵船の中点」。
これがどうも当たり判定のような気がします。
図で書くとこんな感じ。

20070410_03.jpg

こっちが攻撃したくても、相手の中点が他の船に隠れていては
攻撃できないようです。
逆を言えば、敵船から見た自船の中点が隠れていれば
攻撃を受けない、という事ですd(゚▽゚*)ネ!

★応用編★の写真を見ると敵船の中点は丸裸ですが、
こっちは沈没船を使って中点を隠してます。
提督同士は、両者とも攻撃できない位置にいます。
というのが一つ。
ではもうひとつ大事な条件を。

2.自船からの砲撃が可能な位置の条件
今度は砲撃位置の条件。先に言ってしまうと、これは船によって
条件が変わってくるような気がしないでもないので、戦列艦の場合。

20070410_04.jpg

こうなります。これは自船の両端から中点(条件1)に向かって
砲撃可能範囲が定められている
という説。
つまりこの範囲内で自船から敵船の中点までの直線を結んだとき、
どこか1箇所でも障害物がなければ砲撃できるわけです。
上の図だと色のついた範囲の右側がちょっとだけあいてるのが
わかると思います。

障害物との距離が遠くなれば、それだけ砲撃可能な範囲も
縮むわけですから、できるだけ障害物は近くにして使いたい。
盾にする沈没船との距離がこんなに近いのはそのせいです。

これが一番のポイントとなるのですが、\"自船の両端\"というものが
船ごとに違うような気がするのです。
戦列の場合、船の両端というよりグラフィック上で大砲が
ついてる範囲といった方が正しいかな。
しかしこの両端の定義を他の船に当てはめてしまうと、真横にしか
大砲がついていないような小型船の説明ができなくなってしまうので
ちょっとここはパスしときます。(ノ∀`)

この二つの条件が重なると、ずっとオレのターン!が成立します。
もちろん通常の戦闘で操船しながらこれをやろうとしても
リアルタイムで位置が変わるので、とても使えません。
あくまで砲術上げ向けの戦術ですね!

最後にこの体勢まで持っていく方法を書いたので参考に。
(右クリック→再生。止まってたら巻き戻しで!)






スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。